結婚指輪というのはどういう意味

最近では、「結婚指輪」の人気のブランドなども、いろいろと多くなってきました。

皆さんは人気ランキングなどで、調べたことがありますか。

私たちは、結婚するときに何気なく「結婚指輪」を選んで、「結婚指輪」をつけていますが、もともと、結婚指輪というのはどういう意味でうtけられるようになったかをご存知でしょうか。

「結婚指輪」というのは、諸説ありますが、もともとは古代エジプト時代から伝えられてきたといわれています。

古代エジプトでは、「指輪」をパワーアイテムとして利用されていたといわれているのです。

そして、そこから派生して、古代ローマ時代になり、そこから、結婚をするときに、その愛の証として、男女2人ともが薬指につける「結婚指輪」というのが始まったといわれています。

しかし、ほかにも説はあって、「結婚指輪」というのは円形で切れ目がありません。

ですから、「永遠」という意味がこめられているとも言われています。

そのため、「結婚指輪」では永遠の絆というものを意味してつけられ始めたといわれています。

そして、薬指に「結婚指輪」をつける理由というのもあるようで、薬指の血管というのが昔は心臓まで直接つながっていると考えられていたため、薬指から心臓までパワーを送ってそして愛を確かめ合うという言い伝えが発端として、「結婚指輪」を薬指につけるようになったといわれています。

何気なくつけている「結婚指輪」ですがこんな言い伝えが合ったのですね。

◇◆参考サイト:人気結婚指輪マル得NAVI◆◇